鮮やかさに見惚れ 思わず佇む
一筋の風が通り過ぎると
恥ずかしいようなそぶりで
黄葉が舞い落ちる

同じことの繰り返しが続く
いとおしむような
秋の日は 優しくあたりを包む