早いですね。寝て起きたら残りの日めくりは後3枚。
人生70年として25555枚以上の日めくりをめくったことになる。
厚さ3.5cmの日めくりを70箇積み上げたら2m45cmにもなる。
年月の積み重ねとはこういう物だ。一枚一枚は本当に薄いが・・・・。

本日は
茨城新聞「いばらぎ春秋」より転載  2014/12/28(日)

▼空気とは不思議なもので、見えないけれどそこにあり、触れないけれど感じられ、まして聞こえるはずもないが、第六感に響くことがある
▼ここで言う空気とは、心理、風潮、流れ、雰囲気などで表現されるあいまい微妙なしかし、誰もが厳然と感じるあれで、「空気読めない」の空気である
▼ファッションや流行で言えば、昨日までの最新がきょうはもうやぼになっていたり、経済では実際の商いと、社会全体の心理傾向など含めて「景気」という言葉があたる
▼その経済、アベノミクスをめぐって争われた衆院選。しかし、空気というキーワードで考えると隠れ争点はやはり「改憲」と「教育」ではなかったか。国や家族を愛せよと安倍晋三首相は言う
▼そのこと自体に異存はない。しかし「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される」恐れに備えるために、70年間戦争をしなかったこの国のありようを変える必要は果たしてあるのか
▼それを是とする国民の投票によって安倍政権は立つが、国民の総意かと言えば、とてもそうとは言えない投票率だった。来年はそういう視点で政権ウオッチしたい。 (芳)