いつもながらの「芽生神社」で今年の最後を締めます。
ご都合の付く方は是非「芽の生まれる御利益一杯の神社」芽生神社にご参拝あれ!。
ちょっと天候が心配かな?


暮れていく今年もあとわずか・・・。
全国のブログ訪問の皆さんにはやはり北海道新聞でしょう。


北海道新聞「卓上四季」
大晦日
▼あれをやらねば、これもやり忘れたと思っていたら、もう1年が過ぎようとしている。新年を祝ったのは、つい昨日のことのようなのに。いやはや、なんと月日が短く感じられるのか
▼「風天」の俳号を持つ故渥美清さんは、1年の最後を「ただひとり風の音聞く大晦日(おおみそか)」と詠んでいる。仲間の笑顔を遠目に、ベンチでひっそりと風に当たり、行く年に思いをはせる。少し寂しげな寅さんの横顔が浮かぶ
▼11月に亡くなった高倉健さんの姿も重なる。2人ともスクリーンの上では、女性に優しいけれど奥手で恥ずかしがりや。なかなか恋愛が成就しない。今ごろ、天国で照れ笑いをしているかもしれない
▼今年の風はどうだったか。寅さんにならって耳を澄ます。3人の日本人がノーベル賞に輝いた。青色に染められた爽やかな風が胸を満たす
▼水害や噴火で多くの命が失われた。無念の叫びが鼓膜をざわつかせる。自然の牙が年々、鋭利になっていくのは思い過ごしだろうか▼忘れてはならない声も聞こえる。東日本大震災の被災者にとって、4度目の大晦日。福島市在住の詩人和合亮一さんの詩がこだまのように駆け巡る。<はっきりと分かった/何かが/変わろうとしていること/集まり/離れ/また集まり/それを繰り返しているけれど/私たちは一人では生きられない/どうか/雲よ明るい彼方(かなた)へ>。今日より輝く明日へ。来年もよろしく。2014・12・31