ああ~外は今・・どうなっている

永い間応援して頂いた深ナビも運用方法が変わりブログの掲載先もこちらに変更になりました。今まで同様に深川の今をお伝えできればと思っています。年とともに行動範囲が狭くなってきていますので今後は気ままに発信したいと思います。

2014年09月

深まり・・・

ここ数日の僅かな好天に恵まれて秋の作業も進んでいます。
今年は山の実のなり具合が良いようですし、特にドングリは豊作の様です。

東京新聞「筆洗」から転載  2014年9月24日
 「枕草子」を持ち出さずとも秋は夕暮れか。夕焼けが美しい季節である。<まっかっかっか空の雲>。空気が澄んで、赤が絶妙な色を広げる。あれは「懐かし光線」である。光線を浴びると人は昔を思い出す▼映画「ALWAYS 三丁目の夕日」(二〇〇五年)あたりの「昭和ノスタルジー」は、もはや一時的な社会現象ではなく、世の中にどっしりと定着した感じがある▼リーマン・ショック、東日本大震災などの暗い出来事。超高齢化や人口減という真っ暗な将来は、日本人を未来よりも高度成長期だった昭和三十、四十年代の過去に思いを向かわせた。「昔は良かった」である▼一二年十二月の衆院選で、自民党が使った宣伝文句は「日本を、取り戻す。」だった。今さらとはいえ、実に巧みである。取り戻そうというのは元気だった時の日本。あの時代へ帰りましょうよと呼び掛けた。バラ色の将来なんて、誰も信じられない。自民党の訴えは過去を懐かしむ世の中の気分にきれいにはまった▼日本人は劣化したと、最近よく耳にする。ばかげた事件を見れば、同意したくなるが、これもやはり「ノスタルジー」の裏返しか。昔の人は立派だが、今の人は…▼世の中、将来に前を向く気分がもう少しほしい。「過去」が夢とは寂しくないか。夕日をいつまでも見ていたいが、それだけなら、本当に「劣化」しかねない。

秋の彩り

秋ならではの一コマです。
もうこんな状態になってきました。

キリギリス

残り少ない日々で相手を探して鳴いているのかどうかは分かりませんが陽が昇って露が下りると草の上の方に上がってきて鳴いています。
どこに居るのかと静かにしていたら目の前に出てきました。
音の弱いのも居ますね。
秋はもう残り少なくなりました。
太陽も丁度半分南に帰って行きました。

リンゴ収穫間近か

良い色づきになっています。
風にも遭わず今年は良い秋になりそうです。

下野新聞より転載  9月23日
 きょうは彼岸の中日で、秋分の日。秋空の下、お墓参りに出掛ける家族連れも多かろう。不思議なことに彼岸会はインドにも中国にもなく、太陽信仰と習合した日本だけの仏事だという。彼岸は「日願」だったという説もある▼寺院への参詣、僧侶の説法聴聞などが集中する春、秋7日間の仏事は平安中期以降、彼岸会として定着した。浄土教の興隆で、日想観という落日礼拝が盛んになり、太陽が真東から出て真西に沈む秋(春)分の日の夕日こそ日想観にふさわしいとされた。西方浄土(極楽)に思いをはせるのである▼民間では太陽崇拝の農耕儀礼が仏教行事に組み込まれたという。以上は世界大百科事典(平凡社)に拠ったが、輸入文物をいつの間にか和風にする器用な日本人の姿が見えてくる。戦国時代、優劣を決する兵器となった大量の鉄砲も元をただせば種子島に漂着した一丁の鉄砲だ▼明治に登場した人力車も日本独自の乗り物だった。話が妙にズレてきたが、インスタントラーメン、カラオケ、トイレのウオッシュレット、自動改札機、発光ダイオードなども日本人の発明である。「必要は発明の母」という。こうだったらいいな、と思うことが第一歩だ▼政府が目指す「地方創生」には中小企業の振興が欠かせない。独創性や気迫を「太陽」とあがめ、大切にしたい。

昨日の雲海~

本日もお天気は良さそうで・・・。
昨日の続きですがこれは深川です。

ギャラリー
  • 今朝の雲海
  • 今朝の雲海
  • 今朝の雲海
  • 今朝の雲海
  • 渇水 下流
  • 渇水 下流
  • 渇水 下流
  • 渇水 下流
  • 渇水 下流
アーカイブ
  • ライブドアブログ