ああ~外は今・・どうなっている

永い間応援して頂いた深ナビも運用方法が変わりブログの掲載先もこちらに変更になりました。今まで同様に深川の今をお伝えできればと思っています。年とともに行動範囲が狭くなってきていますので今後は気ままに発信したいと思います。

2015年07月

ホザキシモツケ

一寸前の画像ですからもう、終わっているでしょうね。
季節の移ろいは早い、早い。

あららっ、雨が降ってますよ。
お天気が良ければまあるい月が見えるかも・・・。

トンボの季節

大気が不安定で道内各地で大雨が降ったところがあったようですが深川は何事もなく平穏でした。
モヤッとした朝ですが雨は降らないでしょう。

愛媛新聞「地軸」より転載 愚の骨頂 2015年07月29日(水)

 安全保障関連法案は合憲か、違憲か。6月4日の衆院憲法審査会の参考人質疑で、自民党の推薦ながら「違憲」と指摘した憲法学者、長谷部恭男早稲田大教授の講演を先週聞いた
 ▲審査会での発言をきっかけに「違憲論」は勢いを増した。当の本人はどの政党推薦か知らなかったし、それで主張を変えるつもりもなかったと言い切る。「自民党のオウンゴール」といわれるゆえんだ
 ▲「愚の骨頂」―長谷部教授は安保法案をあらためてこう表現する。日本を取り巻く環境が厳しくなっていると言いながら、自衛隊の派遣先を地球規模に広げようとする矛盾を突く。「自陣のゴールが危険にさらされているときに、味方の選手を相手フィールドに散らばらせるようなもの」。サッカーに例えた話が分かりやすかった
 ▲将来の徴兵制導入にも警鐘を鳴らす。自衛隊員は地球の裏側にまで派遣されるが、財政緊縮の折から待遇を良くすることはできない。入隊希望者が減り、人が足りなくなる可能性が高い。徴兵制も選択肢になり得る、と
 ▲参院での法案審議が本格化した。首相は相変わらず「合憲」と繰り返し、自民党は徴兵制を「情緒的な議論」と切り捨てる。根拠は「何人も、その意に反する苦役に服させられない」と明記している憲法18条
 ▲でも、忘れてはなるまい。現政権は1年前、9条の解釈を変えた「実績」がある。「18条だけは変えない」と言われても説得力はない。

開花中~

稲もいつの間にか穂が出ています。
花も咲き始めました。今の所順調だね。

朝に・・・・

夜中は雨が降っていましたが今は陽が昇って居ます。
今日も暑くなるかな?

花火~

なかなか余韻は伝えられませんね~

ギャラリー
  • 吹雪の後
  • 吹雪の後
  • 風が強くて
  • 風が強くて
  • 風が強くて
  • 11月も終り
  • 11月も終り
  • お食事
  • お食事
アーカイブ
  • ライブドアブログ